経早タイトル

いつもより早く起こる生理の原因【本当に効くツボ教えます!】

更新日:

毎月、生理の周期が乱れる。

 

 

 

月に2回生理が来る。

 

 

生理がいつもより長引いている。

 

 

 

 

このような、女性特有の悩みに悩んでいる方へ。

 

 

 

月経不順を引き起こすお体の状態や原因、東洋医学のおすすめの治療法・ツボをお教えします!

 

 

 

今の辛いお悩みを、改善させましょう!

 

 

 

まず初めに、月経不順について説明させていただきます。

 

 

月経不順とは

 

便秘 薬

生理不順とは、生理の周期が乱れ、月に2回月経が起こることや、1ヵ月過ぎても生理が来ない状態など様々な事を言います。

 

 

 

人にもよりますが、一般的に通常の周期とは、約1ヶ月ごとに月経が起こります。

 

 

 

今回は、生理不順の中でも、生理が通常より、早く来てしまう状態について説明していきます。

 

 

 

こちらの状態を東洋医学の考え方で説明させていただきます。

 

 

 

東洋医学の考え方

生理痛 

 

東洋医学の考え方と、西洋医学の考え方は大きく異なります。

 

 

 

例えば西洋医学では、月経不順の状態を子宮内膜症など、何らかの病気が原因となり、起きている考えますが、東洋医学では、気・血の状態が体の影響していると考えます。

 

 

 

まず、東洋医学では、月経の周期が24日以内や、月に2回起こるなどの早く起こる月経を

経早(けいそう)とよびます。

 

 

 

それでは、なぜ経早(けいそう)が起こるのか、原因と経早に効くツボを説明させて

頂きます。

 

経早(けいそう)とは

 

 

経早とは、上記にも記入させて頂きましたが、月経が早くおきてしまう状態の事です。

 

 

 

経早が起こる原因として、大きくわけて3つあります。

 

 

 

 

(1)実熱【じつねつ】タイプ

 

(2)虚熱【きょねつ】タイプ

 

(3)気虚【ききょ】タイプ

 

 

最初に実熱タイプから説明させていただきます。

 

 

 

【1】実熱(じつねつ)タイプ

 

 

実熱とは、何らかの影響で、体の中に熱が生まれ、子宮に熱が溜まることで、月経が早く来てしまいます。

 

 

 

もともとの体質が暑がりであったり、辛い物を好んで良く食べる方などに起こりやすいと言われています。

 

 

 

実熱の症状としては以下のものが挙げられます。

 

 

 

  • ・月経の量が多い
  • ・月経の質:粘っている
  • ・動悸がある
  • ・喉が渇いている

 

 

実熱を改善させるためには、体の中に溜まっている熱を取り去り、子宮や月経に関わる臓器・経絡の流れを良くする必要があります。

 

 

【有効なツボ】

 

生理痛血海

 

生理痛 三陰交

 

・三陰交(さんいんこう)…婦人科疾患の特効穴です!

 

 

 

・血海(けっかい)…血液の状態を改善させるツボなので、月経時にとても有効です。

 

 

 

 

・曲池(きょくち)…体の中の熱を取るために使用します。

 

 

 

 

・太衝(たいしょう)…体の中の循環を改善させます。

 

 

 

 

【2】虚熱(きょねつ)タイプ

 

 

 

虚熱タイプも体の中に熱が溜まっている状態です。

 

 

 

もともと持病のある方が虚熱タイプになりやすいと言われています。

 

 

 

 

持病があると、長い期間をかけて、気・血を傷つけ、気・血が不足している状態になります。

 

 

 

 

その状態が、体の中に熱を生み、子宮に熱が溜まることで、月経が早まってしまいます。

 

 

 

虚熱の症状として以下のものが挙げられます。

 

 

  • ・月経が早く起こる
  • ・月経量が少ない
  • ・動悸がある
  • ・寝汗をかく
  • ・体が火照る

 

 

 

虚熱タイプを改善させるためには、体の中に溜まってしまった熱を取り去り、不足している気・血を補う治療をします。

 

 

 

【有効なツボ】

 

曲池 便秘

 

腰痛 膈兪

 

・曲池(きょくち)…体の中の熱を取り去ります。

 

 

 

・気海(きかい)…不足している気を補います。

 

 

 

・血海(けっかい)…同様で、不足している血を補います。

 

 

 

 

・関元(かんげん)…生理不順に有効なツボで使用します。

 

 

 

 

【3】気虚(ききょ)タイプ

 

気虚タイプは、過労・疲れ・食事の不摂生が脾という臓器を傷つける事が原因で起こります。

 

 

 

脾臓は、体の中に必要な血を体の外に漏れでないようにする役割があります。

 

 

 

気虚タイプでは、脾臓の機能の低下が起こり、血が漏れやすくなり、月経が早くおこりやすい状態です。

 

 

気虚タイプの症状として、以下のものが挙げられます。

 

  • ・月経が早く起こる
  • ・月経の量が多い
  • ・疲れやすい
  • ・動悸・息切れがある
  • ・お腹に力が入らない

 

気虚タイプを改善させるためには、脾臓の機能を高める事が大事になります。

 

 

脾臓が正常に機能することで、血液が体の外に漏れにくくなります。

 

 

 

また、気虚タイプは、月経の量が多く、体は、血が不足している状態となります。

 

 

 

なので、体の中に血を増やし、脾を元気にさせる治療をします。

 

 

【有効なツボ】

 

足三里 ツボ

 

関元 ツボ

 

・足三里(あしさんり)…脾・胃の機能を高めます。

 

 

 

・脾兪(ひゆ)…同様で脾の機能を高めます。

 

 

 

 

・胃の六ッ灸(いのむつきゅう)…こちらも同様で脾・胃の機能を高めます。

 

 

 

・血海(けっかい)…不足している血を増やします。

 

 

 

・膈兪(かくゆ)…こちらも同様で使用します。

 

 

まとめ

 

 

経早まとめ

 

今回は、月経不順の中の経早(けいそう)について、説明させていただきました。

 

 

 

 

月経不順があるだけで、ストレスに感じ、気分が下がっている方も多いとおもいます。

 

 

 

 

また、薬を飲んでいるが、なかなか良くならず、悩んでいる方も多くいると思います。

 

 

 

そのような方に、少しでも自分の体について知っていただき、自分に合っている治療法を見つけていただきたいです。

 

 

月経不順で悩んでいる方に、少しでも呼んでいただければ幸いです。

 

 

 

-美容
-, ,

Copyright© 不妊・美容鍼灸などの女性のお悩み解決ならリビジョン鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.