生理の乱れ

【生理の乱れに効果的!!】原因別の生理不順のツボ教えます!

投稿日:

 

皆さん、生理の規則正しくきていますか?

 

 

生理のリズムは、個人差がありますが、規則的に来ていることが大事です。

 

 

生理は、妊娠するため体のためのバロメーターであり、また女性の健康な体の指標になります。

 

 

そんな中、ちょっと遅れ気味、いまいちリズムが安定しないなんて人いませんか?

 

 

今回は、そんな方のために、生理不順の原因を東洋医学的に説明して、タイプ別に効果のあるツボをご紹介します。

 

 

生理について

 

 

まずは、女性の生理についてお話します。

 

 

生理とは、胎児のベッドになる子宮内膜(しきゅうないまく)が、古くなったため、排出するために起こるものです。

 

 

女性の生理には周期があり、約1ヵ月(28±3)の間隔で起こります。

 

 

この周期は、ホルモンにより規則的に起こるように管理されています。

 

 

ハート

 

 

しかし、この周期が不規則になることを生理不順といいます。

 

 

生理不順ってどうしておこるの?

 

 

生理不順が起こる原因は、様々です。

 

 

1番多いのは、ダイエットです。

 

 

女性は、男性より皮下脂肪がつきやすい体質になっています。

 

 

これはエネルギーを使う妊娠のために、脂肪をエネルギー源として、貯蓄するためです。

 

 

しかし、ダイエットにより脂肪が少ないと、妊娠に耐え切れない体と脳が判断してしまいます。

 

 

その結果、生理を止めようとするため、生理周期が乱れてしまいます。

 

 

やせ型の人や体脂肪率の低いアスリートの人が、生理が乱れる理由の1つです。

 

 

アスリート

 

 

その他にも、太りすぎやストレスにより、ホルモンバランスが崩れてしまい、生理不順を起こします。

 

 

学生時代は不順が普通?

 

 

実は10代では、子宮は未熟であるため、生理周期が乱れがちです。

 

 

女子学生

 

 

生理不順で、神経質になる人も多いと思いますが、経過を把握して管理しておけば、大丈夫です。

 

 

しかし、その他に生理痛の強さやおりものの異常などがあれば、病院受診をおススメします。

 

 

注意するべき生理不順

 

 

生理周期は、20代に入って安定してきます。

 

 

生理不順の原因は、ダイエットやストレスだとお話ししましたが、それだけではありません。

 

 

実は、病気が隠れているサインの場合もあります。

 

 

甲状腺の病気や子宮内膜症、多嚢胞性卵巣症候群など様々な病気が原因で、生理不順を起こす危険性もあるのです。

 

 

判断するのは難しいですが、生理不順の他にも何か症状があることが多いです。

 

 

  • 人と比べて生理痛が強い
  • 生理が1週間以上続く
  • ナプキンが1時間ももたないくらいおりものの量が多い

 

 

などの症状があれば、病院で1度検査しておくといいでしょう。

 

 

生理用品

 

 

東洋医学では生理不順をどうかんがえるのか

 

 

東洋医学では、生理不順を3つに分けています。

 

 

  • 生理の周期が1週間早くなったり、1か月に2度あるものを「経早(けいそう)」
  • 生理が1週間以上遅れ、40~50日に1度のものを「経遅(けいち)」
  • 生理が早くなったり遅くなったり、量が多かったり少なかったりするものを「経乱(けいらん)」

 

 

東洋医学

 

 

1つずつお話していきます。

 

 

経早

 

 

生理が早くなるものは、3つのタイプがあり、生理のおりものの状態によって分けられます。

 

 

  • 気虚(ききょ)
  • 腎陰虚(じんいんきょ)
  • 熱証(ねっしょう)

 

 

気虚

 

 

東洋医学でいう気というエネルギー不足で起きます。

 

 

気には、いくつか役割があり、栄養分である血を子宮に溜める力もあります。

 

 

エネルギー不足により、本来の生理の日が来るまで待てずに、生理を起こしてしまいます。

 

 

食欲がなく、疲れやすい人に多く、経血の色が薄いのに、量が多いのが特徴です。

 

 

このタイプには、気海(きかい)・足三里(あしさんり)を使います。

気海

足三里

 

 

腎陰虚

 

 

栄養分である血と水分が不足してしまった状態です。

 

 

水分の不足により、少し熱を持っている状態のため、喉が渇きやすく、顔の頬の辺りが少し赤い、ほてりやすいタイプになります。

 

 

また経血の色が赤いですが、水分がないため、粘り気があり量が少ないのも特徴です。

 

 

こちらのタイプには、太渓(たいけい)・復溜(ふくりゅう)がいいでしょう。

太渓

復溜

 

 

熱証

 

 

辛い物や刺激物の食べ過ぎ、長いストレスなどにより、体の中に熱が溜まってしまった状態です。

 

 

こちらは、顔全体が赤く、口が渇き冷たいものを飲みたがり、怒りっぽく、眠れない人が多いです。

 

 

そして、経血は量が多いか、少ないけど色が濃く、粘り気があるタイプです。

 

 

このタイプは、血海(けっかい)・中極(ちゅうきょく)が有効です。

血海

中極

 

 

経遅

 

 

生理が遅くなるものは、以下の3つになります。

 

  • 痰湿(たんしつ)
  • 血虚(けっきょ)
  • 寒証(かんしょう)

 

 

痰湿

 

 

脂っこいものや味の濃いもの、お酒の暴飲暴食などが原因になります。

 

 

生理の遅れに加え、手足の湿りやむくみやすい、おりものに帯下が混じることが多いのが特徴です。

 

 

このタイプには、豊隆(ほうりゅう)・中極を使います。

豊隆

 

 

血虚

 

 

このタイプは、生理の遅れに加え、経血の量が少なく、色も淡いのが特徴です。

 

 

その他にも、生理の終わりの方でじわじわ痛み、目のかすみ、めまいなどの症状がみられます。

 

 

このタイプには、血海・子宮(しきゅう)を使います。

子宮

 

 

 

寒証

 

 

このタイプは、生理の遅れに加え、下腹部の冷えや痛みがあり、経血の量が少ないのが特徴です。

 

 

このタイプでは、帰来(きらい)・関元(かんげん)を使います。

帰来

関元

 

 

このタイプは、体を冷やさないように注意し、上記のツボをお灸などで温めると、効果的です。

 

 

経乱

 

 

生理周期の乱れが安定しない人は、2つのタイプが多いです。

 

 

  • 肝気鬱結(かんきうっけつ)
  • 腎気虚(じんいんきょ)

 

 

肝気鬱結

 

 

このタイプでは、生理周期の乱れに加え、イライラやため息を良くつく人が、多いです。

 

 

また胸や下腹部が張る感じがするなどの症状があります。

 

 

このタイプには、支溝(しこう)・気衝(きしょう)がいいでしょう。

支溝

気衝

 

 

腎気虚

 

 

このタイプは、生理周期の乱れに加え、めまいや生理の終わりにじわじわ痛む生理痛が見られます。

 

 

おりものの色が薄く、量も少ないのなどの特徴があります。

 

 

ツボは、太渓・子宮を使います。

 

 

 

また生理不順のどのタイプに関係なく、下腹部にするどい痛みやおりものに血の塊が混じっている場合は、瘀血(おけつ)を伴っていることがあります。

 

 

瘀血とは、血の滞りのことで、生理などの女性の症状では原因になりやすいものです。

 

 

それに対応するツボとして、太衝(たいしょう)と三陰交(さんいんこう)が有効です。

太衝

三陰交

 

 

まとめ

 

 

生理不順とは、生理周期が不規則になることをいいます。

 

 

原因は、ダイエットが1番多く、他には太りすぎ、ストレスがあります。

 

 

10代では生理周期が乱れがちですが、20代では病気のサインの可能性があり、注意が必要です。

 

 

東洋医学では、「経早」・「経遅」・「経乱」に分かれます。

 

 

さらに「経早」は気虚・腎陰虚・熱証に、「経遅」は痰湿・血虚・寒証に、「経乱」は肝気鬱結・腎気虚に分かれます。

 

 

「経早」の、気虚は気海・足三里を、腎陰虚は太渓・復溜を、熱証は血海・中極を使います。

 

 

「経遅」の、痰湿は豊隆・中極を、血虚は血海・子宮を、寒証は帰来・関元を使います。

 

 

「経乱」の、肝気鬱結は支溝・気衝を、腎気虚は太渓・子宮を使います。

 

 

また生理不順のどのタイプ伴う可能性のある瘀血には、太衝・三陰交が有効です。

 

 

生理不順でお悩みの方の参考になれば、幸いです。

-美容
-, ,

Copyright© 不妊・美容鍼灸などの女性のお悩み解決ならリビジョン鍼灸院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.