更年期表紙

【更年期障害でお困りの方へ】更年期の症状に効くツボと東洋医学

投稿日:

 

最近になって、急に火照ったり、足が冷えたり・・・ドキドキする感じがするなんて人いませんか?

 

 

更年期かしら・・・と思いながらも、よくわからずに過ごされてしまう方も多いかもしれません。

 

 

ほてりをはじめとする更年期の症状は、鍼灸などの東洋医学が、非常に効果的なんです。

 

 

今回は、更年期の症状にお困りの方に、その原因と治療の仕方を西洋医学と東洋医学の2つに分けてお話していきます。

 

 

更年期症状とは

 

 

更年期症状とは、40~50歳代くらいの女性に起こる体の不快な症状のことです。

 

 

具体的には、疲労感やほてり、発汗、冷え性、頭痛などが挙げられます。

 

 

更年期

 

 

原因は、妊娠や出産に重要な卵巣という臓器が衰えたことです。

 

 

仕事や家庭の問題などのストレスも原因の1つになるため、早い人では40歳前半から症状が出る人もいます。

 

 

卵巣が衰えると、なんで更年期症状がでるの?

 

 

では、卵巣が衰えると、なんで更年期症状が出るのでしょうか?

 

 

卵巣は、女性の体を「子供を産むための体」に整えるホルモンを出します。

 

 

卵巣から出るホルモンは、脳によって調整されています。

 

 

しかし、卵巣が衰えてホルモンが出せないと、脳は、卵巣にホルモンが出るように命令を出し続けます。

 

 

ホルモン

 

 

その結果、ホルモンバランスが崩れ、ほてりや発汗、頭痛、イライラなど様々な症状がでます。

 

 

更年期症状の西洋医学の治療

 

 

卵巣からのホルモン不足が原因なので、治療としてはホルモン補充療法というものを行います。

 

 

ホルモン補充療法とは、出ていないホルモンを薬で補う治療法です。

 

 

薬は飲み薬だけでなく、貼り薬や塗り薬など簡単なものもあります。

 

 

薬

 

 

またホルモン補充療法で副作用の心配をされる方は、漢方薬や精神安定剤で治療していくこともあります。

 

 

更年期症状の東洋医学的な考え方

 

 

それでは、東洋医学では更年期症状をどう考えるのでしょうか。

 

 

東洋医学で、更年期症状を起こすタイプの人を「腎虚(じんきょ)」といいます。

 

 

更年期の症状を起こす腎虚には、以下の3つが挙げられます。

 

 

  • 腎陽虚(じんきょうきょ)
  • 腎陰虚(じんいんきょ)
  • 心腎不交(しんじんふこう)

 

 

と言っても、よくわからないと思います。

 

 

なので、東洋医学での「腎」についてお話していきます。

 

 

腎とは

 

 

東洋医学では、西洋医学と違い、人の成長と生殖、老化には腎が関わっています。

 

 

腎が元気でいると、体も丈夫で立派に成長し、病気もなく長生きすることができます。

 

 

腎元気

 

 

しかし腎が弱ってしまうと、老化が早まり、体に不具合が起こります。

 

 

女性であれば、ホルモンバランスが崩れ、生理の乱れやほてり、イライラ、冷えなど更年期の症状が現れます。

 

 

この腎が弱まる原因としては、老化もありますが、働きすぎや夜更かしなど、過度に体に負担をかけても腎が弱まってしまいます。

 

 

この腎が弱まった状態のことを「腎虚」といいます。

 

 

さらに更年期症状を起こす腎虚には、「腎陽虚」と「腎陰虚」の2種類あります。

 

 

腎虚

 

 

陽虚と陰虚というものが、わかりにくいので、説明していきます。

 

 

陽虚と陰虚の違い

 

 

東洋医学では、体のエネルギーや体を温める熱をまとめて「陽」と言い、体の栄養や水分をまとめて「陰」と呼びます。

 

 

そして、陽が不足していることを「陽虚」といい、陰が不足していることを「陰虚」と言います。

 

 

陽虚では、エネルギーや熱分が不足しているため、寒がったり冷え性であったり、冷えている症状が目立ちます。

 

 

 

逆に陰虚では、水分という冷やすものが足りていないため、ほてりやのぼせなどの熱っぽい症状が目立ちます。

 

 

更年期の症状で、火照りが出る人もいれば、冷えが出る人もいるのは、こういった理由になります。

 

 

東洋医学的な更年期症状のタイプ分けと効くツボ

 

 

それでは、更年期の症状をタイプ別にお話していきます。

 

 

まず更年期の症状にはベースに腎虚という状態があります。

 

 

腎虚では、物忘れや難聴、足腰のダルさなどの老化に伴う症状が多いです。

 

 

腎の虚

 

 

腎陽虚

 

 

陽虚は、エネルギーや熱分の不足により、冷えの症状が現れます。

 

 

陽虚

 

エネルギーが不足しているので、疲れやすくなり、手足や腰が冷える、体がむくむなどの症状が出ます。

 

 

腎陽虚では、熱分が不足しているので、お灸のような温める治療を行います。

 

 

関元(かんげん)、腎兪(じんゆ)、命門(めいもん)というツボにお灸をしていきます。

 

 

腎陽のツボ

 

 

関元は、エネルギーの源の場所と言われており、エネルギーの不足によく使われます。

 

 

腎兪は、腎が弱った時に効果的なツボです。

 

 

命門は、左右の腎兪の間にあり、陽を補うのに効果があります。

 

 

腎兪と命門を一緒に使うことで、相乗効果があります。

 

 

漢方薬では、八味地黄丸(はちみじおうがん)が効きますが、日本で昔から親しまれている養命酒なんかも腎陽虚に有効です。

 

 

腎陰虚

 

 

腎陰虚は、栄養や水分の不足により、乾燥や熱の症状が出ます。

 

 

陰虚

 

 

冷やす水分などがなくなっているため、ほてりや皮膚の乾燥、熱感、汗などが出てくるタイプです。

 

 

栄養や水分の不足が原因なので、温めるお灸ではなく鍼の方が効果的です。

 

 

ツボでは、復溜(ふくりゅう)、太渓(たいけい)、照海(しょうかい)を使います。

 

 

腎のツボ

 

 

復溜は、水分の代謝に効果があり、潤いを促します。

 

 

太渓も、腎が弱った時に効果のあるツボです。

 

 

照海は、陰分を補いつつ、ほてりなどの熱症状にも効果があります。

 

 

漢方薬では、六味丸(ろくみがん)と呼ばれる漢方薬を使います。

 

 

心腎不交

 

 

腎陰虚が悪化すると、体の熱分である陽は、温かい空気のように上に挙がっていきます。

 

 

顔がほてるのに、足が冷える状態になり、この症状を「上熱下寒(じょうねつげかん)」といい、この症状を引き起こすのが「心腎不交」といいます。

 

 

上熱下寒

 

 

心腎不交では、動悸や不眠、めまいなどの症状も現れます。

 

 

心腎不交は、腎陰虚が進んだ状態ではあるので、腎陰虚で使ったツボを用い、さらに神門(しんもん)や風池(ふうち)を使います。

 

 

心腎不交のツボ

 

 

神門は、陰を補うツボで、動悸や不眠に効果があります。

 

 

風池は、上に挙がった陽を下に下げる働きがあります。

 

 

漢方薬では、天王補心丹というものを使います。

 

 

まとめ

 

更年期症状とは、ホルモンバランスが崩れしまうことで起こる不快な症状のことです。

 

 

病院では、ホルモンを補う治療をメインに行い、場合によって漢方薬や精神安定剤も使います。

 

 

東洋医学では、更年期症状を起こすタイプは腎陽虚・腎陰虚・心腎不交の3つタイプに分け治療します。

 

 

冷えの症状が強い腎陽虚では、ツボは関元・腎兪・命門にお灸をし、漢方薬は八味地黄丸や養命酒が有効です。

 

 

熱の症状が強い腎陰虚は、ツボは復溜・太渓・照海を使い、漢方薬は六味丸を使います。

 

 

上熱下寒という症状がでる心腎不交 では、ツボは神門と風池を、漢方薬では天王補心丹を使います。

 

それぞれの体質やタイプによって、病院に受診したり、自分のタイプに合わせたツボや薬を使うことで、更年期の症状を抑えることができます。

 

 

更年期の症状でお困りの方の参考になれば幸いです。

-美容
-, ,

Copyright© 不妊・美容鍼灸などの女性のお悩み解決ならリビジョン鍼灸院 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.